お金がないとき.net

お金がないとき、キャッシングを上手に利用しましょう

今すぐお金が必要なのにお金がないとき、どのような対処をしていますか?

 

妊娠でお金がない

私は給料日前になると、いつもお金がない状況に陥ります。普段そんな状態なのに親戚や友人の結婚式などがあったりすると本当に困ります。

 

昨年、妊娠が分かったときはとても嬉しかったですが、その反面、お金がない不安に襲われました。

 

お金がないときの乗り切り方として考えられることは・・・

  1. お金を使わない
  2. クレジットカードで買い物をする
  3. 不要なものを売って現金化する
  4. お金を借りる

 

お金がない私

お金がないときに、余分なお金を使わないというのは当たり前のことだと思いますが、どうしても必要なお金は使わないわけにはいきません

 

お金がないときにクレジットカードは便利ですが、だからと言って利用し過ぎると、カード払いは支払を先延ばししているだけなので、あとでもっと困ったことになります。

 

お金がないときに家にある不要なものを売るのは、少額のお金を手にするのには良いと思いますが、10万、20万のレベルになると簡単ではないですよね。

 

やはりまとまったお金を用意するのに一番確実なのは、お金を借りることでしょう。借りる相手は親などか、銀行、信販や貸金業者になると思います。

 

お金がないときはこちら!

 

 

私は、親から独立して所帯を持った今、身内に頼るのは大人として恥ずかしくてできませんので、きちんと銀行や業者から借りるべきだと思っています。

 

カードローンやキャッシングサービスって、マイナスのイメージを持っている人も多いと思いますが、必要な場面で計画的に利用すると、とても便利なものです。

 

住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど、目的を持ったローンだって、すべてお金がないから借りるものです。借金には違いありません。

 

日常の生活費や交際費のためにフリーローンやカードローンのキャッシングでお金を借りることも同じことですよね。もちろん贅沢のためにお金を借りるのは絶対ダメだと思います。

 

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンは金利が高いように感じるかも知れませんが、それは借りれる金額が少額で担保がないからですよね。むしろ目的型ローンのほうが高額の借金であり、金利は低くても総額で見れば膨大な利息を払うことになります。

 

一時的にどうしても必要な数十万レベルのまとまったお金を用意するなら、ネットから申込んで簡単に借りれる振込・キャッシングローンが便利ですよね。予期せぬ急な出費にも即日振込などスピーディな対応で融資してくれます。

 

私の場合は、年に何度か数万円〜十数万円お金がない状況になるので、カードローンで借りています。毎月のことではないので、翌月頑張って節約すれば、かなりの額を返済できるので金利も全然大したことないですよ。

お金がないとき、どうしますか?

お金がないときにはキャッシングを利用しています

私がお金が足りないと感じる時は、ズバリ給料日の直前です。給料を貰ってから計画的にお金を使うつもりでいるのですが、交際費などでそれが出来ずに、結局給料日前になるとお金が不足してしまうのです。

 

また、自動車や家電などの高額商品を買った後も、お金がないなと感じてしまいます。

 

お金がないときにお金が必要になってしまった時は、仕方がないのでお金を金融機関から借りるようにしています。

 

かつては友人からお金を借りる事もありましたが、それによってトラブルとなり、友人を失った苦い経験があります。ですから知り合いからお金を借りるような事はしなくなったのです。

 

お金がないときはキャッシング

今はキャッシングによって気軽にお金が借りられるようになっています。

 

貸し出し審査が昔よりも緩和されていますから、審査にかかる時間も短くなり、お金が必要なときにすぐお金が借りられて便利なのです。

 

条件さえそろえば一定期間無利息にする事も可能ですから、キャッシングは金融機関からお金を借りる中で、一番借りやすい物と言えます。

 

公共料金を一時滞納し、どうしてもの時はキャッシング

給料日の一週間前などで、お財布の中身が五千円を切った時にお金がない事を実感します。我が家の給料日は月初め、友人のお給料日は25日頃が多いので、25日以降に食事などの誘いがあった場合は残念ですが、よく断ります。正直、凄く遊びたくて、とても残念です。

 

お金がないので食事を断る

以前は、食費の事なども考えずお金を使い、結局給料日前にお米がない、食べる物がないなんて事がよくあり、そんな時はよく実家の母に頼んで、お金を借りたり、食べ物を送ってもらったりした事がありました。しかし、今実家の母も年金暮らしなので、そんな迷惑もかけれず、お金がなくても食べ物さえあればの考えで、お米などは常にストックしています。

 

お金がどうしても必要な場合は、電気代、携帯代などが月末に引き落としになるのでそれを一時使います。そして、給料が入った日にすぐ払います。

 

もし、それ以上に必要なときは、自分が持っているクレジットカードでキャッシングする事もあります。ただ、あまり極力したくないのでどうしてもの場合だけにしています。

 

 

お給料日前はやっぱり金欠になります

お金がない・・・

毎月似たような額のお給料をもらって、出ていくお金もそんなに違いはないのに、やっぱりお給料日前はお財布の中身がさみしくなります。

 

削るところと言ったら、やっぱり食費が多いです。あと何日で乗り切るには、ということを考えて余計なものは買わないようにします。お菓子とか、果物、お酒、ちょっとした嗜好品は我慢するに限ります。

 

そんな風にちまちま節約しても、カードの引き落としやローン、税金の支払いを忘れていて、パニックになることもあります。

 

貯金を切り崩すか、親に借りるか…なるべくなら避けて通りたいものですが…いい年をした大人が恥ずかしいという思いがやっぱりあります。

 

どうしても借りにくくなると、やっぱりキャッシングになってしまう気がします。本当に最終手段にとっておいて、借りたら早く返すことを心がけたいです。借りることが当たり前になってしまうと、癖になってしまいそうでちょっと怖い気がします。計画的にお金を使うことで、予防したいです。